第5回学術大会 _ 名誉会長講演のご案内

第5回学術大会 _ 名誉会長講演

「顎関節症は “こう診る” ・ “こう治す” 」

演者: IPSG包括歯科医療研究会代表 稲葉 繁

 顎関節症治療は、咬合の知識の集大成と言っても過言ではありません。システム化された咬合診断によって原因を見つけ出し、理論的な咬合アプローチによって治療を行います。
 顎関節症の根本的な原因を理解することで、顎関節症患者の抱えている精神的な不安を緩和し、肉体的な原因を取り除く治療を確実に行うことで、症状を改善することが非常に大切です。
 よって、本講演では、顎関節症の診査・診断から治療のプロセスについて詳細にお話します。

第5回学術大会_会員発表募集

本学会の会員発表は、学術・研究発表のみならず、臨床報告を大切にしています。発表者と聴講者が積極的に参加し、口腔医療に関する広い知識と治療技術を習得していただきたく、皆様のご参加をお待ちしております。

演題募集期間は2019年10月2日から2019年12月15日です。

事前参加登録の後、メールにてお知らせください。

フェイスブックを開設しました

日本総合口腔医療学会は、フェイスブックを開設しました。

https://www.facebook.com/JSGOMjp/?modal=admin_todo_tour


学会ウェブサイトで発信するセミナーや学会情報等を
より細やかにかつ迅速に発信していく予定ですので
学会に興味、関心のある方は、ぜひ「いいね!」をお願いします。

これまでのホームページとメールマガジンなどと併せて
学会からの最新情報や医学情報をお伝えします。
なお、Facebookページ上で寄せられたご質問やご意見には
お答えできませんので、予めご了承ください。

 

 

 

第5回学術大会のテーマは【顎関節症】です

第5回学術大会のスケジュールを更新しました。

会長・高橋教授と名誉会長・稲葉先生の演題と内容をご確認ください。

【入会金・年会費無料キャンペーン実施中】

新理事長就任にあたって、今だけ、入会金・年会費を無料とするキャンペーンを実施中です。
年会費無料適応のため、お手数ですが学会ホームページから再度会員登録をお願いします。

新会長に高橋 理 教授が就任されました

前会長の稲葉 繁先生のあとを受け継ぎ、高橋 理先生が新会長に就任されました。

60号 口腔医療通信を配信しました

新会長のご挨拶、会員再登録のお願い 、学術大会開催のお知らせ

日本総合口腔医療学会誌を発刊いたしました

会員の方で学会記念誌が届いていない場合は事務局へご連絡ください。

第21回メールマガジンを送信しました

会員の皆様へ、本日、第21回メールマガジンを送信しました。受信できなかった会員の方は事務局へご連絡くださるようお願いいたします。

認定医・指導医更新について

認定医・指導医の方は、2013年1月13日(日)に行われます平成24年度 日本総合口腔医療学会認定医試験と認定講習会を受験受講されることで14単位が取得できます。尚、暫定期間中の認定医の必要更新単位は20単位です。認定講習会参加ご希望の方は認定医・指導医平成24年度認定医試験・認定講習会参加申込書にご記入のうえ学会事務局へお送り下さい。